トップイメージ
自動車の保険には自賠責保険と任意保険の2つの分類がございます。自賠責保険、任意保険ともに、万が一の事故など備えたものですが条件は細部において違います。2つの保険を比べると補償が約束される事象が多少違ってきます。※事故の相手については自賠責保険あるいは任意保険の双方で補償します。※自分に関しては【任意保険】によってのみ補償されます。※自己の所有する財産については「任意保険」によってのみ補償されるようになっています。自賠責保険それのみでは、自らの傷害またはクルマへの支援は受ける権利がありません。相手方に対する補償などですが自賠責保険ならば亡くなった場合は上限3000万円、後遺障害を与えてしまった場合最高4000万円という風に決められています。ただし賠償金が直前に述べた額面を超えることはよくあることです。事故の相手の自動車ないしは家屋を毀損したケースについては事故を起こした者による完全な自己負担とならざるを得ません。そういった負担は個人には荷が重すぎるため任意保険というものが大切だという話になるのです。害を被った者の救済を主な役割とする任意保険というものにも実は、それとは一線を画す機能があります。※事故の相手方へは、死亡時ないしは手傷だけでなく、車や建物というような財産を補償してくれるのです。※自分自身に対しては、搭乗者も込みで死亡時もしくはケガを補償します。※自己の私有する財産に対しては、自動車を補償するのです。そういった種々の面について援助が充実しているのが任意保険最大のストロングポイントです。保険の料金の支払いは必要となることは仕方ないですが事故に巻き込まれた時の相手のためにも自分自身を守るためにも、クルマに乗るなら任意保険に加入しておきたいです。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.p2pactforjapan.com All Rights Reserved.