トップイメージ
直接でないクレジットカード使用の進め方は簡明です。クレジットカードによってダイレクトに取引できない物をストレートに払うという手法ではなく間接的に買い付けする方がより良いです。解説が単純な事により第一に商品券の事例を見ながら話してみたいと思います。例になる女性がブランドバックを手に入れたいとそれを見つめて立ち止まっています。買いたい有名な銘柄の服を取り扱っている店舗では購入したくてもクレジットカードで支払う事が認められません。しかしながらJCB、Diners clubなどの金券を使用すれば支払う事を承諾してくれるようです。なので例になる男性はカードで商品券を買い取りする事が可能なギフト券のを売っている場所に行きクレジットカードを利用してVISA、Diners clubなどの券を買い取りしました。次に用いたカードを使って買ったJCB、MasterCard、Diners clubなどの金券を店に手に持ち訪れ、欲しかった有名な服を注文したとします。「どうしてその女性はそういった手間がかかることするべきなの?」と思う可能性があるかもしれませんがこのやり方を使用することで本来だったらもらえることのないクレジットポイントが獲得できます。いつものように、現金を払ってブランド財布を買い付けしたりした場合キャッシングポイントは得られませんしMasterCard、Diners clubなどのギフト券を直接お金で買い取りして活用してもポイントはもらえません。けれどもこのケースではJCB、American Express、NICOSなどのギフトカードをクレジットカードで買い付けしたという根拠で、高価なアクセサリーを購入した時とつりあう数だけカードポイントが手に入れられるという事なのです。これが直接的でなくキャッシングを駆使した状態になっているので直接でないクレジットと名づけられた進め方です。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.p2pactforjapan.com All Rights Reserved.