トップイメージ

車に乗っている方であれば知っていると思いますが自動車税を支払う義務があります。父の日 肉

それでこの税金は手放す愛車売却時に当然のように戻ってくるのです。ビーグレン

少し自分でやると分かりますがこれから頭から流れを出来るだけわかりやすく説明します。インテリア 一人暮らし

事前に記載させて頂けば、日本販売されているクルマのみに限らず海外の車等も自動車税が還付されることに決まっています。雲のやすらぎの特徴

もちろん中古車などもそうですね。葉酸サプリ 妊婦

車の所有者が支払わなければならない税ですがそれぞれの排気量によって定められています。

1リッターより小さいなら29500円となり、1リッターから1.5リッターまでだと34500円になります。

これ以上は500ccごとに5000円ずつ増加します。

この税は4月1日の時点の保有者が、今年度の全額を納付する決まりです。

要は前払いということなので自動車を売却して所有者でなくなった際は先に払った分の自動車税は返還されるんですね。

この税というのは前払いで年度内の自動車税を払いますから、年度内に愛車を手放した場合には、入れ替わった所有者が税金を支払わなければいけないということになります。

買取先が専門店の場合は売却時にあなたが支払いすぎた金額を返してくれます。

要は所有権が移転された時より後の税は、新たな所有権を持った人が払わなければなりません。

もしも10月のうちにクルマを引き取ってもらったケースでは11月以降次の年の3月中までの自動車税は戻ってくるのです。

というのも、繰り返しになりますが自動車税は先払いであるという事実からもわかります。

つまり売却者は買取先に税を返還してもらうということです。

業者を介さずにクルマを売買する際に意外とこうした事実に気付かない人が多くいるので、確かめるようにしましょう。

自動車税という税金は車の売却で還ってくるということをあまり知っている人がいない事を利用して、そのことを悪用する買取業者もいます。

こちら側から返金に関しての話題を出さなければ返金のことに関して説明しないということも頻繁に聞かれます。

ですのでクルマの買取をする際には、自動車税が戻ってくることをチェックすることをおろそかにしないようにする必要があります。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.p2pactforjapan.com All Rights Reserved.