トップイメージ

自動車重量税、別名重量税は国産車もしくはアメ車等車の生産している国や四輪駆動車、ステーションワゴン等自動車の形に関係なくたとえばスズキやボルボ、などにも通常納付しなくてはいけない税金です。

新車を登録するさい、もしくは車検の場合に納付する税金です。

支払額はクルマの重量によって決定されます。

「自動車重量税」と「自動車税」は全然違う税ですから、きちんと理解をして混同しないようにしなければなりません。

「自動車重量税というものは車の重さ毎に」「自動車税とは車の総排気量によって」税額が異なります。

それで引き取りの際の扱われ方変わってきますので注意しましょう。

車の売却のときには既に納めた車の税金がいくら残っていた場合でもその税額が返ってくるということはありません。

一方自動車税であれば、既に支払った税金を買取額に乗せてくれる事例がなくはないですが、重量税の場合は上乗せされるという事例はほとんどないといえます。

重量税については手放す際に支払い済みの税額があるからと言って店にてその事実が配慮されるケースは少ないです。

ですから次回の支払いつまるところ次の車検まで処分を少し待ち査定に出すという方法が無駄がないと思います。

中古車売却時は還付の対象にならないのが重量税ですが、例外的なケースだと返ってくる可能性があります。

というのは、車検の効力が残ったままの愛車を廃車処理する時。

というのは、抹消登録をすると、残っている車検期間に応じて金額が返金されます。

ただし、中古車買い取り時はそのクルマが廃車になるのとは異なり返ってきません。

さらに、売却する自動車の名義変更をしてしまった際や、盗難被害に遭った際も還付してもらうことはできません。

自動車重量税の残存期間がある愛車を売るということは、要は車検期間が残っているクルマということになります。

買取側も忖度しますから重量税が残っていればある程度買取額が増えることでしょう。

当然、査定額は店舗により変わりますが、車検期間がまだあることが忖度されれば自動車の買取額からみるとそれほど払い損ということもありません。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.p2pactforjapan.com All Rights Reserved.